吉平酒店

新規会員登録
新規会員登録
ログイン
会員様ログイン

現在カート内に商品はございません。

MINORI 2019 Merlot

吉平酒店初めてとなるPBワインが完成しました。造り手はアンバサダーを務めさせていただいている長野県高山村のカンティーナ・リエゾーにお願いをし、昨年の収穫を自分達の手でさせていただき、1年がかりでこの日を迎えました。

 2019年は台風19号の被害が記憶に新しく、厳しい年となる予感がしておりましたが、10月27日に収穫に伺うと黒々としたメルローがで迎えてくれ、殆ど摘果する事なく順調に収穫を終える事が出来ました。

 収穫後はバケットプレスで手搾りされ、そのままステンレスタンクへ、仕込みから10日後にはアルコール発酵を終え木樽へ移されました。

 カンティーナ・リエゾーは高山村の気候を大切にし醸造段階での温度調整はしないので、アルコール発酵後、粗い澱を除いたワインを木樽に移してからは今年の5月までMLF(乳酸発酵)は始まらず、始まってからも5月〜6月までの2ヶ月間ゆっくりと長期的なMLFが行われるなど、とてもクラシックな造り方をしています。

 今回の木樽は、フランス・アリエ産の300Lの新樽(通常は225L)で、なんと36ヶ月乾燥の最高級品です。通常のフレンチオークのバニラ主体の甘やかなニュアンスとは異なり、甘さ控えめでスパイシーなニュアンスを纏っています。

 瑞々しい果実味の柔らかさや豊かさがあり、スパイシーなニュアンスと余韻に若々しい酸も感じられ、今からでも十分にお楽しみいただけますし、ワインの醍醐味である熟成も期待させる出来栄えです。

 今回はPBワインという事でラベルにもこだわり、カンティーナ・リエゾーのイラスト・ラベルデザインをされている山本香織さんにお願いしました。何回も打ち合わせを重ね、イメージを具現化していただき、造り手の存在感を残しながらオリジナリティのある可愛い女の子のラベルが完成しました。

 長々と語りましたが想いの詰まった美味しいワインですので、是非お試しくださいませ。

・カンティーナ・リエゾーについて
 カンティーナ・リエゾーは近年注目を浴びるワイン産地信州・高山村の中で第1号となる家族経営のワイン農家です。北アルプスと善光寺平を望むしだれ桜の里にブドウ畑と小さな醸造所があり、日本の中では珍しいイタリア系のブドウ品種が無農薬・無化学肥料で栽培され、バケットプレスという手搾りのプレス機や温度管理の出来ない発酵槽などご自身の感性と高山村の気候に拘ったワイン造りを行っています。
商品コード: RJM001
吉平酒店winter sale前価格: 税込
¥3,300 税込
数量

この商品は20歳未満には購入ができません。
20歳以上ですか?

カートに追加しました。
カートへ進む
種別
内容量750ml
品種メルロー
産地(日本・長野県・高山村)
原産地呼称
生産者Robert Siurge/カンティーナ リエゾー
MENU

カテゴリー

ページトップへ