お知らせ

新着ハードリカー第一弾「青舞」

新着ハードリカー第一弾‼️山口県長門市で造られる国産クラフトジンです。青舞と書いて「おおぶ」と読みます。ワイン専門店の吉平酒店としては初めてとなるブドウ原料以外のお酒です。造っているのが当店ソムリエの師匠にあたる方なので色々とお話を聞いた...
吉平酒店だより

吉平酒店だより 2020.5 ワインとお花のギフト

 肌寒さを感じる事の多かった4月が終わったと思ったら、5月に入っていきなり30℃!!びっくりしてしまいますね。「Stay Home」で始まった5月の連休。幸い自宅の庭は子供が走り回れる位の広さがあるので、日々子供と一緒に庭に出て外の空気を吸っています。庭や田んぼのあぜを眺めながら、「たんぽぽがもう綿毛に...」と最初は草花を愛でているのですが、そのうち「畑の独活そろそろ採ってもいいかな」とか「コゴミたいぶ出てきたじゃん」と食べる事ばかりになってきます。食いしん坊なので仕方ないですね。どこにも行けないので、食べる事が一番の楽しみになってきます。山菜や畑の独活を天ぷらにしてみたり、松本の飲食店さんのオードブルをTake Outしてみたり。家族で食を楽しんでいます。おいしい食事にはおいしいワインも必要です。奮発して私物のブルゴーニュの赤をしみじみ味わい、スペインの白をぐいぐい飲んで幸せな気持ちになっています。心も体も塞ぎがちになっている今、人それぞれ気分転換の方法はあると思います。深呼吸して気持ちを切り換えつつ、3密を避けてお家で楽しく過ごせると良いですね。
吉平酒店だより

吉平酒店だより 2020.4 通販開始とお花のギフト

 朝日村では4月に入り梅の花は咲き、桜の花もそろそろといった感じにほころび始めています。庭の草木の様子を見ていても、今年は芽吹くのが早いように感じます。あまりに早く花が咲いたり、草木が伸びるのを見ていると子供の成長と重ねてしまい、もうちょっとゆっくりでいいよと思ってしまいますね。  さて自粛ムード漂う3月でしたが、吉平酒店では3月20日・21日と松本のアカリエさんにて吉平酒店ワインバーをさせて頂きました。外に出る事にネガティブな今だからこそ、来て頂いたお客様には、ポテンシャルの高い(お値段も高い)ワインを気軽に飲んでほしいと、色々な銘柄のワインをグラス1杯から楽しんで頂くワインバーでした。赤・白・泡の13種類をお出ししたのですが、初日と2日目ではワインの印象が違うものが多く、ご自宅で飲まれる場合でも数日かけて頂くより1本のワインをじっくり味わって頂けるのではないかと思いました。最終日には今度はいつワインバーするの?といった嬉しいお声も頂きましたので、場所はどこになるか分かりませんが企画したいと思います。お楽しみに!
吉平酒店だより

吉平酒店だより 2020.3 専門店の強みとは?

 春の気配がそこかしこに感じられるようになりました。ふきのとうはつぼみが見え始め、福寿草はしっかりと花開いています。春を細やかに感じるようになったのは、最近朝10分・昼10分と歩いているからなんです!すべては健康&ダイエットのためなんですが、気分転換にもなるし、頭がすっきりして気持ちが良いですね。10分歩くだけではさほど運動にならないと思いますが、私なりに工夫していて、できる限りの大股で歩いています。そして家から鎖川の方へ下り、そこから坂を登るというルートなので、けっこう太ももにきています。こうしてたよりに書くことで自分にプレッシャーを与えていますので、やんわり見守って頂けたら幸いです。  さて先月は、今年で3回目のイベントと初めてのイベントがありました。3回目の参加となる「なでしこマーケット」は、女性企業家によるイベントです。おいしいものやかわいい雑貨、キッズステージなど、内容もりだくさんのにぎやかで楽しいイベントです。今年も新しいお客様と出会う事ができ、吉平酒店を多くの方に知って頂く良い機会になりました。初めてのイベントは、朝日村観光協会主催の「ほろよいワインの週末」という企画でした。朝日村のゲストハウス「かぜのわ」で行われ、ワインと松本のあさひ堂さんのスペシャルお弁当を食べながら、当店ソムリエによる普段のワインの楽しみ方の話を聞いて頂きました。朝日村にはゲストハウスや宿泊コテージといった泊れる物設があるので、お酒を飲む企画でも対応できます。村の酒屋である吉平商店として、何ができるのかな?と可能性を感じられる会でした。
吉平酒店だより

吉平酒店だより 2020.2 食事と合わせる簡単なポイント!

 冬らしくない暖かな1月が終わり、2月に入りました。昨年も暖かだったなと思い、たよりを見返してみると同じように雪が降らないと書いていました。朝日村も20年位前は12月から雪が降り始め、1月の外は銀世界、雪かきはほぼ毎日でした。学校から帰ってくると田んぼの土手でソリ滑り。村の天然スケートリンクもよく行きました。20数年の内にここまで気候が変わるとは思っていませんでした。親になってみて、子供には冬は冬らしく雪と共に遊んでほしいなと思います。吉平酒店の店舗は、保湿・保湿性の高い「土蔵」にエアコンを使用せず地中の熱を利用する「地中熱冷暖房システム」でワインに最適な環境を作っています。ワインは嗜好品です。人間が楽しむための物です。そんなワインを扱っているからこそ、人間だけがおいしいワインでHappyではなく、環境にも優しい酒屋でありたいと思います。「地中熱」に先月から始めた「手提げ袋いりませんで50円引き」など、吉平酒店ができるエコな事をコツコツ進めていきたいです。
吉平酒店だより

吉平酒店だより 2020.1 新年の抱負

あけましておめでとうございます  旧年中皆様には吉平酒店にご来店・ご注文、そしてワイン会やセミナー等、ご参加頂きましてありがとうございました。吉平酒店も4年目を迎え、吉平 = ワインが定着しつつあるのを感じる一方、そのワインがより満足度の高いもの、お客様が求めているものを提供できているのか日々試行錯誤しています。「吉平さんの所なら大丈夫!いいものそろえてくれる!」と皆様に思って頂ける様、着実に進んでゆきたいと思います。 本年もよろしくお願い申し上げます。  さて、昨年の12月は吉平酒店初のフラワーアレンジメント×ワイン会を松本のアカリエさんで行いました。フラワーアレンジメントのVery Berry Roseさんは「冬のトビラ」イベントで毎年ご一緒させて頂いたご縁で、この会の開催となりました。まずはフラワーアレンジメントのレッスンで卓上花を作り、完成品を飾ったテーブルでランチをして頂いたのですが、テーブル全体が華やかで特に匂いも気にならず、素敵な空間でのランチとなりました。最近は今回に限らず文化サロン的な所からもお声がけを頂き、ワインの幅広い可能性を感じています。  フラワーアレンジメント×テーブルコーディネイト×食事(もちろんワイン込みで)。目で見て楽しく、食べて飲んで楽しいワイン会!さらに発展させていきたい良い企画でした。次回もご期待下さい。
吉平酒店だより

吉平酒店だより 2019.12 師走にお薦めなワイン

 2019年もあっという間に12月に入り、いつにも増してせわしなく過ごす月になりました。今年は春に娘が産まれた事もあり、あっという間どころか前半はあまり記憶がありません。ですが今現在娘は元気に大きくなっているし、家族も皆元気なので良い年だったと思います。残り1ヶ月、流行りだしたインフルエンザに気をつけながら、今年中にやらねばならぬ事をしていこうと思います。  さて、11月16日は吉平酒店初の試みとなる料理もワインも当店で用意の3周年記念ディナーを、松本のアカリエさんで行いました。早い段階で満席を頂戴し、器を用意したり食材を調達したりと、準備に試作を重ねてきました。当日は慣れない洋食のキッチンに四苦八苦しながらなんとかお料理を出し、ワインをサービスしと、かなりバタバタしてしまいました。改善点の多い会でしたが、今後吉平酒店が目指す形に少し近づけたのではないかと思います。私達は2人とも飲食店に調理師として勤務していたという経歴から、いずれは自分達の作った料理でワインをという思いが常にあります。実現にはまだまだ自分達の技術など、スキルアップしていかなければならない事が沢山あります。来年以降も一歩一歩着実に進化していきたいと思います!  そして11月は朝日村公民館企画のワイン講座をさせて頂きました。皆さんすごく真面目に聞いてくださり、用意した資料が早々に終わってしまったので、後半質疑応答会になりました。このワイン講座は全3回同じ参加者なので、皆さんの質問にもしっかり答えつつ講座を進めていきたいと思います。同じ地区の方や顔見知りの方もいましたが、初めましての方も沢山いらっしゃったので、村内のワイン好きが増えたらいいなと思いました。
タイトルとURLをコピーしました